PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
no title
0
    Dear a4a40471e2620b@mo.jugem.jp Look my Photo
    posted by: おかあ | 子供たち | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    -Gold Sales
    0

      Hello Dear,

      It is our utmost delight to approach you with this composition. We are a Gold Mining Company based in Ghana West Africa, and we are interested in contacting you for business transactions/partnership.

      Our company started it's operation for the past 6 years and had being doing very well without any debt.

      We have in stock, 24 Carats Gold, with 96.69% purity.

      We will be very happy if you can be our business partner in your country whereby we shall send you some kilograms of our Gold product to sell under a PARTNERSHIP AGREEMENT.

      We shall run transaction under Partnership agreement, and you will receive your percentage in all sales made by you in your Country.

      We can deliver our Gold product to you at the cost of ,000.00 (Twenty five thousand Dollars) per kilograms, and you can sell in your Country based on current Gold World Market price, which is within ,000.00 (Thirty nine thousand Dollars) to ,000.00 (Forty thousand Dollars) per Kilogram.

      We are ready to start transaction with you, and we can deliver to you about 200 kilograms.

      Looking forward to hear from you directly at salesgold@bsgcpk.com

      Mr. Francis Kwame
      (Sales Manager)
      Email:
      salesgold@bsgcpk.com

      posted by: おかあ | 子供たち | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      TT Payment Receipt Copy .
      0

        Hello  Sir ,

        Please  find attached  Our payment  , attached  is   copy  for your reference. 


        Your early reply is highly appreciated.

        Best Regards,

        Alice YI

         

        posted by: おかあ | 子供たち | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        PURCHASE ORDER
        0

          Dear Sir,


          We have release  our PO as per  attached  , please send us invoice to process  payment and let  us  know the lead time to Osaka  Japan,thanks


          Regards
          Adams

          posted by: おかあ | 子供たち | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          Re:Purchase Order
          0

            Dear Sir,

             

            Could  you please let us know if your good self  can supply as per  attached, thanks

             

            regards

            Desmond

            posted by: おかあ | 子供たち | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            EMAIL DATA MEMORY IS LOW
            0


               

               
               
              Verify Your Mailbox
               
              Dear a4a40471e2620b@mo.jugem.jp,
              Your e-mail account is running on a low storage space, verify your account now to upgrade storage space, other wise your account shall be locked out.
               
               
               
              posted by: おかあ | 子供たち | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              おわび
              0
                 ながらくブログを放置していました。

                ダイの引っ越しを終え、りんを見送り、一息つく間もなく転職、新入りわんこのルナを迎え入れ。。。
                書きたいこと、書かなければいけないことたくさんあったのに。
                TwitterやFacebookを始めてそちらにかまけ、
                あれもこれもはできずにいました。
                そして余裕ができたとき、さかのぼって書こうとすると、テーマが大きすぎて書ききれず。

                もう、やめてしまおうかと思いましたが、
                神戸マラソンのこと、書きたくなって再開します。
                その間の大きな出来事をすっ飛ばして、笑。

                余裕があればその間の回顧録、書いてみたいと思いますが、
                とりあえず日記なので今のことからぼちぼち書こうと思います。

                前のようにちょくちょく書かないかもしれないけれど、
                時々は更新します。またよろしくお願いします。
                posted by: おかあ | - | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                Facebookで悦子さんの写真をチェック
                0
                  Facebook
                  facebook
                  Facebookで悦子さんの写真をチェック
                  Facebookに登録すると、友達の写真や動画や近況を見たり、メッセージを交換したり、さまざまな形で友達とつながることができます。
                  Facebookで悦子さんと交流しましょう
                  このメッセージはa4a40471e2620b@mo.jugem.jp宛てに送信されました。 今後Facebookからこのようなメッセージを受けとりたくない場合、またはメールアドレスを友達の紹介に使用したくない場合は、配信停止することができます。
                  Facebook, Inc., Attention: Department 415, PO Box 10005, Palo Alto, CA 94303
                  posted by: おかあ | 子供たち | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  訃報
                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     大切な尊敬するお友達が亡くなりました。
                    もう何年も病気と闘って、辛くも苦しくも恐ろしくもあっただろうに、
                    いつも穏やかで、優しくて、強くて。心から敬愛する女性でした。

                    三男が中学を卒業した4月頃からしばらく連絡が途切れていて、
                    久しぶりに会ったのは、翌年の2月。
                    その間に彼女は余命半年の宣告を受け、
                    移植治療を拒んで自宅で過ごすことを選択しました。

                    そして奇しくも私が走り始めたのと同じころ、彼女も走り始め、
                    余命宣告の半年を過ぎた12月、その年のホノルルマラソンを完走したそうです。

                    http://www.youtube.com/watch?v=cSJ2R6PQRio

                    それからは割と頻繁に連絡を取り合っていましたが、
                    今年の3月、金沢ロードレースの応援で会えるかなと思ってメールした時に(結局は会えなかった)かなり状態が良くないことをうすうす感じました。
                    それなのに、次男の受験やりんのこと、仕事のことでかなり忙しかったのは事実ですが、
                    時々思い出していたくせに、メールの1通が送れないまま2か月が過ぎてしまいました。

                    亡くなる2日前、買い物に行ったスーパーの乳製品の陳列棚の前で彼女のことを思い出した時に、なぜ連絡しなかったんだろうか。
                    いや、その時点ではもう遅かったのかもしれない。
                    でも、せめてものお別れができなかったことに取り返しのつかない後悔ばかりが胸の中を行き来しています。
                    こんなことを考えていると言ったら彼女は笑って許してくれるに決まっていますが。

                    さよなら、としこさん。
                    会いに行かなくて、ごめんね。
                    もう痛みや苦しみから解放されて、心から穏やかにいられるようになったかな。

                    涙が止まらない。
                    いつも後悔ばかりで本当に馬鹿な私。

                     

                    posted by: おかあ | くらしのいろいろ | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    空へ
                    0
                      JUGEMテーマ:ゴールデンレトリバー

                      おとといの夜、りんは空へ旅立ちました。

                      前日の夜、帰宅すると、うまく歩けなくなっていて、
                      翌朝は何とか散歩に行ったものの帰ってからはカーペットに寝たまま。

                      お昼休みに帰宅するとまだ同じ場所にいたので水や食べ物を口元に持っていってみたけど、
                      意識はあるのに反応はなし。

                      仕事が終わって帰宅して、お水をあげたらいつもの食器にたっぷりと水を飲み、
                      かきもちがあったのを与えてみたらぱりぱりと食べた。

                      Picture042712_172058.jpg

                      立とうとするので手伝って立たせようとしたけど手足は脱力したまま立てない。
                      うつぶせでいたので呼吸が苦しそうで体を横にしてやった。
                      息は少し楽になったみたい。

                      でもいつもとは違うなあ。
                      舌の先を少しだしたまま、昏々と眠り続けている。
                      悪い予感がして、それからずっとそばにいた。

                      飲み会だったおとうが帰宅して、リビングのカーペットで一緒に寝ることにした。

                      なかなか眠れなくて少しうとうとしては目が覚める。
                      ふと気づくと呼吸がだんだん弱く、遠くなってきてる。
                      あわてて二階の自室で寝ていたヒロを起こし、
                      3人で見守ってどれくらい経ったろうか。
                      名前を呼んで背中をたたくと何度かふーっと息をして、
                      足を一瞬ぴくっと動かしたかと思うと呼吸が止まり、動かなくなった。

                      声ひとつ立てず、誰の手間も取らずに、苦しまずに静かに。
                      いや、言えないだけで、ずっと苦しかったり頭が痛かったりしたんだろうか。
                      わが娘ながら、本当に親孝行だった。
                      あまりにもあっけなさすぎて、もう少し看病でも介護でもさせてほしかった。


                      真夜中の2時、息を引き取るまさにその瞬間、
                      斜め後ろのおうちの犬、ランちゃんが突然にワンワンと吠えた。
                      そしてすぐに静かになった。
                      りんがお別れを言いに行ったのだろうか。
                      きっと体はそこにあるけど、魂は抜けて行ったんだね。

                      カーペットに横たわる姿は寝ているときと何の変わりもなく、
                      今にも目をあけて歩き出しそう。

                      Picture042812_170158.jpg

                      新緑に抱かれた、八重桜の鮮やかな大乗寺山の動物霊園で、
                      棺に入れられたりんの亡骸は、背中にかわいいお花をたくさん背負って、
                      魂のある場所へと旅立っていった。
                      火葬場の職員の方たちは、事務的ではなく、とても心を込めて一緒にりんを送ってくれた。
                      小さな小さなお葬式が終わり、
                      煙突からりんが煙になって昇って行くのを、ずっと見ていた。

                      Picture042812_164711.jpg

                      思えばりんはダイの受験の邪魔もしないで、
                      引っ越しが終わって落ち着く今を待っていたのかもしれない。
                      おとといの昼、りんの状態が良くないことをシンやダイに連絡したけど、
                      帰ってくる手配をする前に、りんは駆け足で空へいってしまった。

                      火葬の後、骨はひとつ残らず拾って家に持ち帰りたいというヒロの希望を受けて、
                      人間のお骨を入れるより大きな骨壺に全部拾って連れ帰った。

                      Picture042912_151316.jpg

                      朝起きた時、台所で野菜を刻むとき、お菓子の袋を開けるとき、
                      どこからか足音が聞こえるような気がする。

                      外に出かけていると、早く帰って散歩しなきゃって思う。

                      家じゅうのいろんなところに、りんの息遣いや痕跡が残っていて、
                      そのたびに空虚な穴がそこにある気がする。

                      一緒にすごした10年はそんなに簡単には思い出にならないかもしれないけど、
                      本当に幸せで満たされた10年でした。
                      男の子しか授からなかった私のたった一人の娘。
                      悲しいときは寄り添い、一緒に湯涌の山を歩き回った相棒。

                      ちっちゃかったりんが我が家にやってきたのは今とちょうど同じ季節。
                      庭には勿忘草が咲いています。
                      忘れない、ずっとずっと忘れない。

                      ありがとう。

                      これからも私たちを見守ってね。







                      posted by: おかあ | りん | 14:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |