PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    空へ
    0
      JUGEMテーマ:ゴールデンレトリバー

      おとといの夜、りんは空へ旅立ちました。

      前日の夜、帰宅すると、うまく歩けなくなっていて、
      翌朝は何とか散歩に行ったものの帰ってからはカーペットに寝たまま。

      お昼休みに帰宅するとまだ同じ場所にいたので水や食べ物を口元に持っていってみたけど、
      意識はあるのに反応はなし。

      仕事が終わって帰宅して、お水をあげたらいつもの食器にたっぷりと水を飲み、
      かきもちがあったのを与えてみたらぱりぱりと食べた。

      Picture042712_172058.jpg

      立とうとするので手伝って立たせようとしたけど手足は脱力したまま立てない。
      うつぶせでいたので呼吸が苦しそうで体を横にしてやった。
      息は少し楽になったみたい。

      でもいつもとは違うなあ。
      舌の先を少しだしたまま、昏々と眠り続けている。
      悪い予感がして、それからずっとそばにいた。

      飲み会だったおとうが帰宅して、リビングのカーペットで一緒に寝ることにした。

      なかなか眠れなくて少しうとうとしては目が覚める。
      ふと気づくと呼吸がだんだん弱く、遠くなってきてる。
      あわてて二階の自室で寝ていたヒロを起こし、
      3人で見守ってどれくらい経ったろうか。
      名前を呼んで背中をたたくと何度かふーっと息をして、
      足を一瞬ぴくっと動かしたかと思うと呼吸が止まり、動かなくなった。

      声ひとつ立てず、誰の手間も取らずに、苦しまずに静かに。
      いや、言えないだけで、ずっと苦しかったり頭が痛かったりしたんだろうか。
      わが娘ながら、本当に親孝行だった。
      あまりにもあっけなさすぎて、もう少し看病でも介護でもさせてほしかった。


      真夜中の2時、息を引き取るまさにその瞬間、
      斜め後ろのおうちの犬、ランちゃんが突然にワンワンと吠えた。
      そしてすぐに静かになった。
      りんがお別れを言いに行ったのだろうか。
      きっと体はそこにあるけど、魂は抜けて行ったんだね。

      カーペットに横たわる姿は寝ているときと何の変わりもなく、
      今にも目をあけて歩き出しそう。

      Picture042812_170158.jpg

      新緑に抱かれた、八重桜の鮮やかな大乗寺山の動物霊園で、
      棺に入れられたりんの亡骸は、背中にかわいいお花をたくさん背負って、
      魂のある場所へと旅立っていった。
      火葬場の職員の方たちは、事務的ではなく、とても心を込めて一緒にりんを送ってくれた。
      小さな小さなお葬式が終わり、
      煙突からりんが煙になって昇って行くのを、ずっと見ていた。

      Picture042812_164711.jpg

      思えばりんはダイの受験の邪魔もしないで、
      引っ越しが終わって落ち着く今を待っていたのかもしれない。
      おとといの昼、りんの状態が良くないことをシンやダイに連絡したけど、
      帰ってくる手配をする前に、りんは駆け足で空へいってしまった。

      火葬の後、骨はひとつ残らず拾って家に持ち帰りたいというヒロの希望を受けて、
      人間のお骨を入れるより大きな骨壺に全部拾って連れ帰った。

      Picture042912_151316.jpg

      朝起きた時、台所で野菜を刻むとき、お菓子の袋を開けるとき、
      どこからか足音が聞こえるような気がする。

      外に出かけていると、早く帰って散歩しなきゃって思う。

      家じゅうのいろんなところに、りんの息遣いや痕跡が残っていて、
      そのたびに空虚な穴がそこにある気がする。

      一緒にすごした10年はそんなに簡単には思い出にならないかもしれないけど、
      本当に幸せで満たされた10年でした。
      男の子しか授からなかった私のたった一人の娘。
      悲しいときは寄り添い、一緒に湯涌の山を歩き回った相棒。

      ちっちゃかったりんが我が家にやってきたのは今とちょうど同じ季節。
      庭には勿忘草が咲いています。
      忘れない、ずっとずっと忘れない。

      ありがとう。

      これからも私たちを見守ってね。







      posted by: おかあ | りん | 14:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      介護生活
      0
        今年に入って、りんの脳腫瘍が悪化しています。
        元旦と2日、続けてけいれん発作が起きました。
        去年の5月と7月以来のこと。

        それからずっと元気だったので、きっと脳にできた腫瘍は良性で進行が遅いんだろうと、
        勝手に思っていました。
        希望的観測というか、思い込もうとしていたというか。

        でも、甘くはなかった。

        しばらく間をおいて、先週ぐらいから毎晩のように発作は起き、
          ・異常なほど水を飲み、今まで朝晩の散歩以外しなかったのに、1日何十回もおしっこする
           (当然失敗する)
          ・食べることに異常なまでに執着して食べられないものまで食べる(ホットプレートのコードをかみ   
           きりました、コンセント抜いてあったからよかったけど) 
          ・スワレやマテができなくなり、呼んでも反応しなかったりする
          ・興奮状態で家じゅうを意味なく歩き回る

        まるで、認知症の症状そのもの。
        今までできていたことができなくなって、本能の部分がデフォルメされている感じです。

        ホットカーペットのカバーを1日に三回洗濯し、
        薪ストーブの側でも粗相したため下に敷いてある耐熱ガラスと床の間に入り込んだため、
        朝からみんなでストーブを移動したり、
        なぜか脱いでおいてあったダイの服の上にわざわざおしっこしたり。

        苦渋の選択でおむつ生活に突入しました。

        犬用よりも人間の紙おむつが秀逸。
        尻尾の部分にはさみで穴をあけて使います。



        今のところほぼ失敗なし。
        重くなると下がってきて脱げてしまうので外出時と寝るときだけおむつカバーをはかせます。
        誰かが家にいるときは、極力外に出してさせる努力をしたいのでおむつのみ。

        ふらついて床に食器を置くと倒れたりするので、
        実家の父に頼んで食事台も作ってもらいました。
        なかなか良い感じ。



        火曜日に最初の発作の時に夜中に診てくれた獣医さんで脳の浮腫みをとる点滴をしてもらってから
        症状は少し落ち着いています。



        雪道でもどんどん歩く。


        しんどい日には表情なかったけど、昨日、今日はこの笑顔。
        この顔にこの10年、どれほど癒されてきたか。



        近所の子たちはりんが病気だってこと、聞いてもわからないみたい。

        介護とはいえ、だまだ歩けるし、
        ごはんももりもりなので、要介護度1ってところかな?

        おむつを脱がせて外に出しておしっこさせて、
        足を拭いて家に入れてまたおむつをはかせるという、際限なく繰り返される作業を、
        家族は誰も嫌がらずに手伝ってくれるので、
        できるだけ頑張っておむつに甘んじないよう、
        今の小康状態がまだしばらく続くようやってみようと思います。


        posted by: おかあ | りん | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ささみジャーキー
        0
          ちょっとでも体にいいものを・・・。
          なんて気休めだけど、りんのおやつを手作り。

          鳥のささみを低い温度のオーブンでじっくり焼いたジャーキー。
          これに塩コショウとか粉チーズでヘルシーおつまみになりそう。

          110603_2244~01.jpg

          もちろんりんには大好評。
          砂肝なんかでやってもおいしいかもね。
           
          posted by: おかあ | りん | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          CTスキャン
          0

            土曜の朝の2回目の発作以来、発作は起きていない。
            けど、足がふらつくのはおさまっていないし、
            時々テンションが高くなって暴走するのも相変わらず。 
            食欲だけは衰えない。むしろ異常なほどかも。

            火曜の午後2時。
            実家のそばの動物病院へ。

            CTスキャンで検査の結果、予想通り脳に腫瘍が見つかった。
            左の眼よりも少し後ろ側のおでこの骨の下にある。
            先生からの説明で、選択肢は4つ。

            1.外科的手術
            手術は絶対にできない場所ではないけれど、リスクは高い。
            腫瘍を完全に摘出できればいいけどその確率は高くなく、
            痛い思いをして手術しても再発すれば長くは生きられない。
            費用は40万円ほど。

            2.放射線治療
            近くに設備のある獣医さんがいないため、岐阜大学の獣医科へ毎週1回、
            4回ほど通って放射線で腫瘍を小さくする。
            ただし腫瘍はなくなるわけではないので、しばらくすればまた大きくなる。
            そうすればまた同じ状態になる。
            1回の通院に10万近くかかる。
            前後の通院や検査で軽く50万円ぐらいか?

            3.投薬治療
            これは副作用が強く、犬が苦しい思いをするのであまりすすめられない。

            4.何もしない
            余命はどれくらいということは予測できない。
            脳の腫瘍は組織をとって検査しないとわからないため、
            悪性か良性か、長いことかかってできたものなのか急に大きくなったのか、
            なんともいえないらしい。
            良性でゆっくり大きくなったものでも、脳を圧迫するので、
            脳の腫瘍は良性だからと言って害がないわけではない。

            先生の話を聞くと選択肢は4つといいながら、
            放射線治療か何もしないかの2つしかないのかな?と思う。

            その日、黒ラブのさくらちゃんが診察に来ていた。
            さくらちゃんは去年の2月、岐阜で放射線治療を受けて、
            まだ生きているんですよ、と先生が教えてくれた。

            ・・・1年ちょっと。
            桜ちゃんの脳腫瘍は今はまた元の大きさに戻っているんだという。
            きっと快挙なんだろう、1年以上生きていることが。
            だったら半年ぐらいっていう可能性もあるんだな、と思った。

            腫瘍のある部分の脳の炎症を抑えるステロイド剤をもらって帰宅。

            夜みんなが帰ってくるのを待って話し合う。
            子供たちは「俺たちはお金を出すことができないから決められないけど、
            今何もしないことを選べば、後になってきっとしてやればよかったと思うんじゃないか」という。

            でも、放射線治療で半年なり、1年延命してもその先にはまた同じことが待ち受けている。
            再発して苦しんだとき、いつまで延命を続けるのか。
            放射線治療に害はないのか。
            考えは堂々巡り。
            結局誰も答えを出せない。
            posted by: おかあ | りん | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            発作
            0

              先週の金曜日のこと。

              その夜金沢を出て、
              被災地の犬のを受入れるために、栃木のシェルターへ向かうつもりでいた。
              迎えるに当たってたった一つの気がかりは、りんとの相性。

              りんはこの2月で9歳。
              ゴールデンレトリバーの平均寿命が12〜13歳だというから、
              もうそろそろ老犬の仲間入り。
              そのりんが強いストレスを感じることのないようにしたい。
              是非りんを被災犬をお世話しているシェルターへ連れて行って、
              仲良くできそうな子を連れてきたい。
              そういうつもりだった。

              夜に出発するため早めの散歩に行った時、
              散歩を嫌がった。

              110527_1755~01.jpg 

              雨の日や、暗いときには良くあることだけど、
              晴れた明るい時間の散歩では珍しいなあ。


              そのあとダイを迎えに行き、帰宅した時、なぜかいつもになく興奮している様子。
              散歩と夜ご飯を終えたあとは、いつもまったり寛いでいて、こういうことは珍しい。
              ただテンションが高いだけではなく、何かがいつもと違う気がした。

              なんだか体調が悪そうに見えたので出発を翌朝に延ばすことに。
              それでもりんの様子がおかしければ仕方がないので置いていこうかと考えていた。

              夕飯を終えて「明日早いし、早く寝よう。」そう思った夜9:30ごろ。
              寝そべっていたりんが突然むくっと起き上がり、
              歯をむいたような表情になった。

              尋常ではないような感じ。

              え!?

              思う間もなく全身がぶるぶる震えだし、手足を突っ張って痙攣しだした。
              おとうやダイやヒロが名前を呼ぶけど、意識があるのかもわからない。
              ずいぶん長く感じたけど、2〜3分だったろうか。
              そのあとも舌が床に垂れ下がってしまうほどだらりとして、
              息も荒く苦しそうで、このまま死んでしまうのではないかと思った。

              獣医さんのところに電話したがどこも留守電になっていてつながらない。
              かたっぱしからかけてやっとつながったところは、
              奥さんだろうか?年配の女性が出て
              「今日は獣医師の会合があって、先生はいません。どこの先生もいないと思います。」
              との答え。

              わらにもすがる思いで実家の父に電話して、
              日ごろからお付き合いのある獣医さんにお願いしてもらった。
              家から実家のそばの病院まで40分。
              歩けないりんを毛布にくるんで抱きかかえて車に乗せ、夜の道を急いだ。

              病院につく頃には状態は治まり、よろよろと歩けるぐらいになっていた。

              血液検査とエコー。
              どちらも異常な値は見当たらない。
              夜なのでこれ以上詳しい検査はできないらしく、
              所見では脳の異常が疑われると言われた。

              てんかん発作も可能性がないでもないけど、
              年齢からしてこれが初めてならおそらくてんかんではないでしょう。
              脳の血管が詰まったか、脳腫瘍の疑いが強い。

              そう言われてもぜんぜんぴんとこない。
              今朝まであんなに元気だったじゃない。
              何かの間違いだろうと思った。

              家に帰り着いたのは12時過ぎ。
              発作が起きたときのための薬をもらってきたが、心配でなかなか眠れない。

              朝になってりんを見たけど、なんでもないような顔をしているのに、
              足がふらついている。
              異常なハイテンションはあさになってますますひどくなり、
              ハアハア言いながら家の中をずっと歩き回っている。
              やはり気のせいではないんだと暗い気持ちになる。

              そのあと昨日よりは軽かったけど、また発作が起こり、
              おしっこを家の中で失敗したのがいやだったのか、
              外に出たがる。

              栃木へは行かなかった。
              おいていける状態でもないし、
              りんがこういう状態では、他の犬を受入れるどころではない。
              大切な我が家の長女。

              父が次の火曜にCTスキャンを予約してくれた。
              posted by: おかあ | りん | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              看板犬
              0
                JUGEMテーマ:ゴールデンレトリバー

                先日来、家の中で2回粗相したりん。

                たぶんしつけがなっていないとか、そういうことではなくて、
                体調が悪かったのだと思う。

                もしくは、年を取ったから。

                人間だって年取るとトイレ、近くなるもんね。
                朝起きて、すぐに散歩に行かなかった日に、
                我慢できなかった感じ。

                小さいころから家の中にトイレを設置して、
                雨や家の都合でお散歩に時間通りに行けなくても、
                最低限困ったときに排泄ができるようにしてあげなかった私が悪い。
                失敗してしょぼーんとしているりんを見ると、
                かわいそうでならない。

                それからは朝晩の散歩のほかに、気が付いた時には外に出して、
                おしっこだけはさせるように気を付けているけど、
                仕事の日はどうしてもお昼に家に帰れない日もあるので、
                今週は仕事の日はりんと一緒に出勤した。

                会社の前には社長の家の犬、BOSSとエリー(セントバーナード)のための、
                犬小屋があるので、そこにりんをつないでおける。

                110520_1354~01.jpg

                お客さんが来れば犬好きな人には愛想を振りまき、
                犬に興味のない人には知らん顔。
                吠えることもないので、看板犬として頑張って仕事をしてる。
                時々近所の犬が珍しそうに寄ってきたり、
                会社の作業員の人たちにかまってもらったりして、
                それなりに充実した仕事っぷり。
                大きい犬が怖いという人もいると思うけど、
                近寄ってkぉられない人はめったにいない。

                家でひとりのお留守番より刺激があるせいか、帰ったら疲れているようだけど、
                でも、楽しそう。
                何より心配しなくていいからね。



                 
                posted by: おかあ | りん | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                クリスマスプレゼント
                0
                  ヒロとペットショップでりんにあげるクリスマスプレゼントを選んだ。

                  何で、犬のおもちゃって、かむとキュウーって音がするようにできてるんだろう。
                  私の知っている範囲では、この、キューっとなる音が好きな犬はいない。

                  りんも又しかり。

                  キュウーっと音がするおもちゃでは遊ばない。

                  101213_0858~01.jpg

                  高校生男子。

                  噛み心地、柔らかさ、音(何も音がならないおもちゃは売っていなかったのでこれはころころと優しい鈴の音がする)、表情、重さ。 
                  さまざまな角度から検討に検討を重ねて真剣に選ぶこと30分。
                  やっとヒロが決めたのはこれ。

                  しかも、渡すのはクリスマスイブだそうで。
                  今はまだ隠してある。

                  果たしてりんは喜ぶのか!?
                  posted by: おかあ | りん | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  新しいレインコート
                  0

                    本格的な冬の到来に備え、りんのレインコートを新調した。
                    前のはスナップが壊れてたり防水が効かなくなってたりで、
                    雨の日に着て散歩すると、かえって濡れていたりするので。

                    101203_1742~01.jpg

                    うふふ、かわゆいではないか。
                    婆さんになっても、かわいいの着なくちゃね!

                    101209_0903~01.jpg

                    折りしも昨日の金沢は初雪が降り、一日中荒れた天気。
                    早速これを着てお散歩。

                    101209_1631~01.jpg

                    しかし、
                    前回と同じメーカーの同じサイズを購入したのに、

                    なぜにパツパツなのか。特に首周り。
                    posted by: おかあ | りん | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    りんとヒロ
                    0


                      なんでいつもこの体勢?
                      posted by: おかあ | りん | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      肉球
                      0


                        なんでいつも、この体勢?
                        なんで肉球裏返ってんの?
                        posted by: おかあ | りん | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |