PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    いびがわマラソン
    0
      JUGEMテーマ:マラソン・ランニング
      はっ!と目が覚めたのが夜中の2時半。

      今日は岐阜県の揖斐川で、レースがある日。
      私にとって初めてのフルマラソンにチャレンジの日。 

      いつもなら、止めても止めても5分おきに繰り返し鳴る目覚ましと戦いつつやっと起きるのに、
      今日はセットした時間より1時間近くも早く目覚めてしまった。
      目がさえて二度寝もできない。

      やっぱり緊張してるんだろうか。

      足の痛みと相談しつつのこの1か月。
      ツイッターのフォロワーさんたちのたくさんの応援メッセージが背中を押してくれた。

      今日は金沢でのランニング仲間の”チーム金港堂”のみなさんと一緒。
      それだけでも本当に心強い。
      2台の車に分乗、現地集合の方2名と合流、総勢10名の参加。



      金沢で開催されている市民マラソンエントリー組からの情報によると、
      金沢はけっこうな雨だったらしいけど、
      こちらは晴天。気温も割と高い。
      会場近くの渋滞をうまく切り抜けて、トイレを済ませて会場入りしたのが、
      スタート(10時)の1時間ほど前。
      意外と時間がない。



      あわただしく準備をすませ、あわただしくスタート。

      今だから言うけど完走はかなり厳しいのはわかっていた。
      1ヶ月ほとんど走っていない。1週間ほど前になって10kmをゆっくり2回ほど走っただけ。
      完全な練習不足なのは重々承知。
      30km過ぎの「おっかさんステーション」で味噌汁飲むところまでいければ上出来と思っていた。

      色とりどりのウェアを着たたくさんのランナー。のどかな景色。
      久しぶりに走れる喜び気持ちがよくてわくわくする。
      沿道で子供たちやお年寄りがハイタッチしてくれる。
      暖かかったり、しわしわだったりするそのひとりひとりの手を味わいながら、
      いちいち涙が出そうだった。
      うれしくて楽しくて、時計を見るとついついオーバーペース気味なのがわかる。
      抑えて抑えて、と思いつつなんだかこのままでいけそうな気もしてきた。

      とにかく、ハーフの距離までは絶対に歩かない。そう決めていた。
      その先は自分でもどうなるかわからなかった。
      どうにかなるだろうという甘い考えもちらりとなかったと言えば嘘になるかな。

      8km過ぎの赤い橋を渡ると、いよいよ登り基調。
      この時点では普段から坂道ばかり走っているのでこれぐらいの坂は大丈夫、
      歩いてる人もいるけど私は平気だった。
      登りのペースはキロ7分強。
      脛の痛みは感じなくもないけど、これぐらいならまだまだいける。
      ただ脛の痛い方と逆の右の外側の付け根から膝にかけて、
      いつもは感じない鈍い痛みがある。
      だんだんそれが強くなっておかしいなと思ったのが15kmぐらい。
      痛い方の足をかばっていつもと違う走り方だったんだと思う。

      練習不足は正直に表れて、折り返し近くの登りのあたりからだんだん足が前にでなくなる。
      とうとう上り坂で歩いてしまった。悔しい。
      でもまだ早歩きで頑張る。下りなら走れる。がんばれ、がんばれ私。

      ところどころで沿道にいる人たちの応援が暖かくて、
      苦しいけどいちいちありがとう!と言って通る。
      気分は決して悪くない。足が言うことを聞かないけど。
      折り返しを過ぎたあたりからは登りもあるけど下りの方が多くなってきて、
      所々で景色に目が行くと、きれいだ!と思ったりする余裕は意外にある。

      どのへんだったろうか。膝にガツーンと痛みが来て立ち止まってしまった。

      おかしい。
      痛みは徐々に強くなり、給水のため立ち止まると次に走り出す時に尋常じゃないほど痛い。
      少し走るとやや痛みが引き、エイドで止まってまた痛みを感じ・・・。
      2、3度繰り返した。
      無理して走っていたせいで、足はは両方とも痙攣し、
      もう上り坂は走って登れない。勾配が登りになるたびに歩いてしまう。
      後ろからやってきた女性ランナーと励ましあいながらしばらく並走する。

      暖かいお茶をくれるエイドも、
      おっかさんステーションの味噌汁も全部終了して片づけているところだった。
      悔しいな。来年は絶対なくならないうちにここに来るぞ!
      そんなことを考えながら33.9kmの関門がもう少しという看板が何度か見える。

      本当のことをいうと、何度ももうやめてしまおうと思ったけど、
      自分からDNFを決めることができず、
      33.9km関門の制限時間に2分ほど遅れて到着したことがわかったときは、
      「ああ、これでリタイアできるんだ」とほっとした。

      最後尾をとぼとぼと歩いたり走ったりしている私や周りのランナーに、
      町の人たちは最後まで精一杯の声援を送ってくれた。
      暖かい手でハイタッチしてくれた。
      足は重くて、つらくて、痛かったけど、心ではずっと楽しかった。
      来年こそ、きっと晴れやかな笑顔でゴールに行く。
      スタート地点へ戻る強制送還バスの中で、
      一緒に走っていたランナーと誓い合う。

      悔しい気持ちもあるけど、そんなことよりも次はどう頑張るか、既に考えていた。



      最後にゴールに到着してみんなを待たせてしまった私は、
      着替えもそこそこに金沢で市民マラソンの参加したチームのみんなと合流すべく、
      ハーフに参加した方の運転でとんぼ返り。

      とっても疲れていたけど、みんな頑張って走っていい顔してた。
      私もビール1杯でKO。天井ぐるぐるだったけど、完走していないくせにとっても満足していました。

      大失敗のフル初挑戦だったけど、やっぱり行ってよかった。

      膝の痛みが引かないので今日お医者にってきました。
      腸脛靭帯炎。そして膝の炎症も。
      今年いっぱいぐらいは走っちゃダメと言われました。
      今シーズンのレースは終了したし、幸い骨に異常はなかったので、
      前倒しで大掃除でもして休養します。
      しっかり治してまた来年走る。

      当分RUNは我慢です。

      ちょっととほほな初フル挑戦記でした。



      posted by: おかあ | ランニング | 08:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:27 | - | - | - | - |
        お疲れ様でした 
        ブログで有名な金港堂さんのチームの方でしたか。社長は加賀のフルも参加されているから来年あたりどうですか。
        初めてブログを拝見しましたが2009年の息子さんの写真にびっくりしました。赤門ですね!09年夏息子を連れてキャンパス見学ツアーに参加してきました。寮があるのですか しかしすごいです マラソン以上に感動してしまいました。すいません。
        | 芭蕉珈琲 | 2011/11/16 12:35 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://golden-rin.jugem.jp/trackback/720
        トラックバック