PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    桜咲く
    0
      JUGEMテーマ:学問・学校
      長い苦しい受験でした。

      今日やっと、ダイのところに、国立後期試験の嬉しい嬉しい合格の知らせが舞い込みました。


      チャレンジで受けた私立の二校は不合格。

      国立の前期試験は去年のセンターの失敗と同じ。
      頭が真っ白でパニックになって、問題文の意味が全く頭に入ってこなくて、英作文をほぼ白紙で出したそうです。
      得意教科の英語で。
      しかも外国語の大学なのに。

      試験終了時間の15分後、泣きながらダメだったと電話がありました。

      二回目の受験でやっとわかった。
      必要以上の気負いや、混乱しがちな性格も考慮して、
      7、8割の力しか出せないと仮定しても合格できるところを選ばなきゃだめなんだ。
      これだけ取れるだろうというぎりぎりの学校を選ぶべきじゃなかったんだ。

      後悔しても後の祭り。

      センター利用で京都の大学に合格はしていましたが、本心はそこへ行きたくなくて、友達にも誰にも言わなかったようです。

      お友達が次々と合格して行く中、今まで通り予備校に毎日通い続けて作文の添削を受けて後期の受験に臨んだダイ。

      どうだった?との問いに「力は出し切れた」と。
      結果はどうであれ、それならよかった。
      前期の大失敗のまま終わらなくて。

      でもね、本当のことを言うと、
      一番信じてやらなければいけない私自身が過度の期待をしないようにとほぼ諦めていました。

      後期が決まるのを待っていてはいろいろなことが間に合わない。
      先週末は夫と私と3人で京都へ出かけ、アパートを仮押さえしてきました。

      大学の入学手続きも締切が後期の発表より前だったので、必要な書類を自分できっちり揃えて送る作業も淡々とこなし、だんだん気持ちの整理はついていたように見えていました。

      なので今日の発表も現地に見に行くことなど考えもよらず、夫がHPで見て電話した来たときは、一瞬なんだろうかといぶかしく思ったほど。
      ああ、合格したんだとわかったら、涙が出て止まりませんでした。

      帰宅してどんなに喜んでるかと思って顔を見たけど、びっくりするほど平静な感じ。
      なんで?と聞くと、京都に行くことになっても落ち込まないように、自分の気持ちに蓋をしてしまっていたから、うまく切り替えられなくて、実感がわかないと。

      ああ、それなのに、京都の住まいを探しに行くなんて、私なんて残酷なことをしたんだろう。
      1年間、それだけを目標にして頑張ってきたところへ行けるかどうかの結果ぐらい、あと数日、なぜ待ってやれなかったのか。
      その大学のことをあまり良く言わないので、もっと謙虚になりなさいと喉元まで出かかった言葉を、口にしなくてよかった。
      少しぐらいネガティブな気持ちになっても、そこへいったらまたそこで頑張れるように、育てたつもりじゃなかったのか。

      私は母親として全く失格だと思いました。

      嬉しい報告なのに、なんだか話が暗い方向に行ってしまいました。


      ダイは今日は予備校のお友達とご飯に行ってます。
      昨日も一昨日も夜はご飯いらない状態。
      でもずっと誰とも遊びに行かず1年頑張ったので、しばらくは羽を伸ばすのも大目に見てやります。
      今からアパート探して5日の入学式に間に合うように準備するのはかなり大変。
      でも行きたかったところなのでアパートがぼろくても、時間がなくても、楽しい引っ越しです。


      さびしいなあと、思うのはそれが全部終わってから。
      春からはヒロとりんと夫と私の暮らしが始まります。

      皆さんいろいろご心配かけました。応援してくれてありがとう。
      本当にうれしいです。
      posted by: おかあ | 子供たち | 20:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:04 | - | - | - | - |
        親としてすべての可能性を考えて、少しでもいい環境を整えてあげようと思うのは、残酷じゃないよ。
        京都へ家族で行ったことは、結果がどうあれ一緒に受け止めるよ、っていうメッセージになったんじゃないかな。最後の結果を待つ時間を、未来を考えながら一緒に過ごした証、というか。

        そういう私も、長男の時のことを振り返ると、親としてきちんとふるまえていたかというと、自信がない。

        今何もかも答えを出さずに、時間が経つにつれて、分かってくることがあるよ、きっと。

        アパート、仮押さえしたんだと思ってたので、また探すと聞いて、びっくり。いいところが見つかるといいね。
        | Nirokazuko | 2012/03/21 9:15 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://golden-rin.jugem.jp/trackback/730
        トラックバック